プロフィール

黒骨

Author:黒骨
家族とラーメンのない人生なんて…


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


入村者数


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県 魚沼らーめん 雁舎1

魚沼らーめん 雁舎








☆店舗情報☆
住 所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3湯沢駅構内
営業時間:[夏期] 11:00~19:30
[冬期] 11:00~20:00
定 休日:年中無休




この日は、職場の研修のため、新潟県の越後湯沢に来ています。

偉い方々の一緒ですので、後ろの方からこっそりついて行くのです。


こちらのお店は、群馬を代表する、おおぎやグループの経営する、新潟バージョンのらーめん屋さんといったところでしょうか。








新潟ならではのらーめんを頂きたい。
でも、おおぎやグループとなると群馬にもあるし…


と思っていたら、左上に「酒粕らーめん」という珍らしいネーミングのらーめんを発見‼︎


新潟は日本の米所!
お米から出来るのは日本酒!
その酒粕を使った、新潟らしいらーめん。









さらに!

新潟らしく、麺に米粉を練りこんだ麺もあるらしく、酒粕らーめんの米粉麺でオーダーしました。








酒粕らーめん (米粉麺) 880円


味噌ベースのスープの様で、懐かしさもあり…

少し、見慣れたビジュアルに、白い物が乗っかっています。








こちらが、酒粕ようです。


まずは、酒粕を溶かさずに、本来のスープをいただいて見るのです。








この味は‼︎



おおぎやグループの味噌らーめんのお味…


いつもですと、ニンニクが入っておりますが、ニンニクレスバージョン。


そこに、酒粕を溶かすと…









ホワホワッと大人の香りが☆



甘味が引き締まり、大人の甘さに変化します。


素スープより、こちらの方が美味しです。さすが、新潟!
さすが、おおぎやグループ!


群馬県のためのらーめんですから、群馬県民が食べて、美味しくないはずないのです☆








麺は、少し見た目が白く感じられました。
食感がモチモチッとしています。
米粉らしさをしっかりと感じることが出来ました。


ネーミングに嘘偽りのない、こちらのらーめん。


群馬県民は、ホッとするお味になっているのだと思います。



美味しいらーめん、ありがとうございました♪








駅の中には、色々なお店があり、お土産屋さんが多い中、糀をつかったスイーツのお店までありましたよ。

新潟はほんと、お米推しなんですね☆






糀入りの美味しいソフトクリームをいただきました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://blackbonetown.blog.fc2.com/tb.php/95-de01bd15

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。